スポンサーリンク
スポンサーリンク

【一口馬主】ノルマンディーが投資初心者におすすめな6つの理由

ノルマンディー
スポンサーリンク

ノルマンディーオーナーズクラブは、2013年から会員募集をはじめた、この世界ではかなり新しい部類のクラブになります。

わたしはビスカリアに出資した2014年からこのクラブにお世話になっているのですが、今後もずっと会員で居続けるだろうなぁと考えています。

それは、このクラブの運営方針やサービスの良さなど、総合的にかなり満足度の高いクラブだと感じているからです。

特にこれから一口馬主をはじめてみようかなぁと考えている方には、長く続けられる要素が満載なので、ノルマンディーオーナーズクラブはうってつけだと思います。

月会費がたったの1080円!

クラブ法人に入ると固定コストとして月会費が掛かります。

この月会費はクラブによって異なるものなのですが、ほとんどのクラブが3240円に設定されています。

そんな中、ノルマンディーオーナーズクラブは1080円に設定されており最安値となっております。

これは、1年で見ると普通のクラブに入るより、25920円(3240円×12ヶ月−1080円×12ヶ月)もお得いうことになり、一口馬主で利益を目指すには無視できない金額になります。

募集金額が安い!

クラブ法人には、その法人の性質により、競争馬の仕入れ方法が異なっており、それが直接募集馬の価格に反映されてきます。

最も一般的なのは、JRAや社台系などが開催するセールにおいて仕入れた競争馬を会員に募集する形態てす。

ただ、この形態だと、当然マージン料が掛かってくるため、募集価格が跳ね上がります。

一方、ノルマンディーオーナーズクラブの場合、岡田スタッドグループが競争馬の生産から育成まですべてを行い、そのまま募集馬として会員に提供されるため、低廉な募集価格で募集される傾向が非常に強いのが特徴です。

私の一口馬主における投資方針
これまで7年ほど一口馬主をやってきて、自分の投資哲学というか投資傾向のようなものが分かってきました(今頃かい!!って感じなのですが笑)ので、下記では私の投資方針をまとめていきたいと思います。 投資馬の価格は高くても1200...

各種キャンペーンが充実!

会員にとって、非常にお得感のあるキャンペーンを多数行ってくれるのもノルマンディーの特徴。

キャンペーン一覧 | ノルマンディーオーナーズクラブ
「Normandy Owners Club」は皆様に新しい競馬ライフを提供&#12...

上記リンクのとおり、これまで数々のキャンペーンをやってくれているのですが、特に嬉しいのは、「入会金無料キャンペーン」「募集馬早割キャンペーン」でしょう。

入会金無料キャンペーンは、クラブ法人に入会する際はすべてのクラブ共通で1万円ほど支払う必要があるのですが、ノルマンディーはこれが無料になるというものです。

通年でやっているわけではないですが、年に2,3回はやっているので、入会するときはこのキャンペーンを狙うといのも手です。

また、募集馬早割キャンペーンは、募集開始から早い時期に一括払いで申し込むと最大10%が募集価格から割引されるというものです。

早ければ早いほど割引される

ただでさえ低廉な募集価格がより安くなるのは、さすがとしか言いようがありません。

ポイントがザクザクたまる!

ノルマンディーには、独自のポイント制度があって(1P=1円)、新たな募集馬に出資するときに使用することができます。

このようなポイント制度は他のクラブでも行っているところが多いですが、「出資額の数%を付与する」といった出資したときのみにポイントが付与される形式がほとんどです。

ただ、ノルマンディーの場合は、「賞金受取口座を楽天銀行にしたら月100P」「募集パンフレットの郵送を希望しない場合は200P」など、出資以外の面からもポイントを付与してくれます。

そのため、気付いたらかなりポイントがたまっているため、出資するときにこのポイントを利用してより安く出資することが可能となっています。

少額ファンドもある!

初心者の方にとっては、一頭の馬に出資するのはなかなか勇気がいることであり、最初の一歩を踏み出すのがハードルが高いものだと思います。

そういった方の気持ちに答えるために、ノルマンディーでは「スターズファンド」というものも提供しています。

「誕生」スターズファンド2018 | 少額投資、低コストから始められる競走馬投資「スターズファンド」 | ノルマンディーオーナーズクラブ
なんと、年間総費用9,000円台から競走&#39340...

これは、募集馬のなかからクラブ側が選出した3頭を一つのパックとして提供するというもので、出資権利は1万分の1程度となりますが、5000円程度で買うことができ、入会金等も不要です。

イメージでいうと、株式投資でいう投資信託のようなもので、リターンは少ないもののリスクも少ないといった感じです。

そのため、このファンドで一口馬主がどんなものかをまず体感してみて、行けそうなら個別馬にも投資してみるという形から入ることができます。

柔軟性のある運営

これはビスカリアに投資していて感動した点です。

通常のクラブでは、牝馬は繁殖牝馬としての役割があるため6歳春迄に引退と規定されているのですが、ノルマンディーの場合は「諸事情を勘案して現役続行が相応しいかを判断する」とされています。

これは、クラブとして非常に珍しいことでして、通常のクラブはどんなに活躍している牝馬であっても、規定に則り、6歳春であっさり引退させらるのが普通なのです。

ビスカリアの場合、6歳春の段階で1000万条件だったのですが、ずっと善戦を続けており馬体の調子も良好であったため、現役続行が決定されました。

結果的にこの判断が功を奏し、その年の11月にはG1レース(JBCレディスクラシック)への出走、今年の1月には重賞ウィナー(TCK女王盃の勝利)になるなど、出資会員に感動と利益をもたらしてくれました。

ビスカリアは現在も現役を続けており、普通のクラブでは考えられないような「7歳牝馬のクラブ馬」として活躍しています。

会員の利益などを考えて、こういった柔軟性に富んだ運営ができるクラブというのは非常に貴重だと思います。

いま投資している競走馬たち
今回は私の一口馬主の投資状況について紹介ていきます。競走馬への投資は「クラブ法人」を介して行います。私はいま下記の3つのクラブ法人の会員でして、それぞれのクラブから競走馬への投資を行っていますので、クラブ法人別の簡単な特徴を踏まえ...

まとめ

以上、6点を紹介させていただきましたが、ホントに居心地の良いクラブですので、実際に会員になられた暁にはもっと素晴らしい点が見つかると思います。

ちょっと一口馬主はじめてみようかなぁと思ってる方は、ノルマンディーオーナーズクラブからはじめてみることをオススメいたします。

ノルマンディーは会員費が安いのにキメの細かい対応をしててホントすごいと思う!

コメント

タイトルとURLをコピーしました