スポンサーリンク
スポンサーリンク

タカラレーベン・インフラ投資法人(9281)をTOBで売却!【SMBC日興証券】

キンカブ
スポンサーリンク

SMBC日興証券のキンカブによるリート銘柄の定額定期購入で毎月購入しているところですが、買い増している銘柄のうちタカラレーベン・インフラ(9281)を売却しました!

このたびの売却記録を残すとともに、この売却資金で新たにスポット購入した銘柄を紹介したいと思います。

タカラレーベン・インフラ(9283)の売却理由

売却理由はTOBによるものです。

9月末、グリーンエネルギーからTOBが発表され約10%分のプレミアムが付いた12.7万円でタカラレーベン・インフラの公開株を買い取るという発表がされました。

このTOB自体はタカラレーベン・インフラ側も受け入れを表明しており、TOBが成立したら11月の配当は無配にして未公開株とするという方向性が示されました。

私にとって当銘柄はインカム目的で保有していたため、これから無配になる見込みのある銘柄を敢えて保有している意味はなくなり、プレミアムによって約2年分の配当分は確保できたので、早々にTOBへの参加表明をしました(TOBの主幹事が私が保有しているSMBC日興証券であるためTOB申請が楽)。

なお、確定利益(約1.7万円)はNISA口座のため完全非課税で丸々いただくことができました。

なお、単元未満分(キンカブで買い付けていたため単元未満もある)はTOBへの参加はできないため、TOB当日に市場にて売却し約7000円の利益を得ました(こちらもNISA口座のため非課税)

昨年に引き続き半年前にも保有リートでTOBがあったので、まさかの3度目のTOBに遭遇することになりした笑

いちごグリーンインフラ(9282)を新規買付

そして、今回の売却資金を見越してによりいちごグリーンインフラ(9282)を先月末頃より新規で定期買付を行っています。

本来は、日本再生可能エネルギーに変わる5月・11月分配銘柄のインフラ銘柄(東京インフラ・エネクスインフラ)を購入しようとしたのですが、すでにNISA口座にて購入済であったため、これまで買い付けたことのなかったインフラファンドであるいちごグリーンインフラ(9282)を購入することにしました。

これでキンカブからのインカムも減少することなく、インカム目的のわたしの投資目的を継続することができます。

なお、このいちごグリーンインフラ(9282)は年に一度の配当(6月期)であるため、状況次第では他のインフラファンドに乗り換える可能性もあります(最近インフラファンドのTOBが続いているため、そこにも少し期待しています笑)。

まとめ

昨今の市場下落の中で、堅調な推移を見せるリート銘柄やインフラファンドは通常の株式とは違った魅力があります。

あくまでわたしのキンカブJリートの保有目的は「毎月の分配金を増やす」ことですが、こうしてキャピタルも狙えると素晴らしいですね。

ちなみに、キンカブは買付時の手数料は無料ですが、売却時も0.5%のスプレッドがかかるだけなので、かなり割安に売却できるのも良いところです。

今後も是々非々でマイJリート・インフラファンド群を管理していきたいと思います!

マロン
マロン

またインフラファンドでのTOB!

コメント

タイトルとURLをコピーしました