スポンサーリンク
スポンサーリンク

【6/1〜7/2】dポイント投資の運用状況を報告!【米国大型株IVV】

dポイント投資
スポンサーリンク

わたしは、dポイントを「米国大型株」へすべて充当する中長期的な運用としてdポイント投資をしています。

「米国大型株」へすべて充当していく理由と運用方針については上記参考記事のとおりですが、逐一備忘録的に近況を報告していこうと思っています。

さて、ポイント投資の状況ですが、6/1時点では下記のような状況。

 

ここに、6/8に100Pを米国大型株に追加しています

そして、このポイントは運用方針のとおり、3ヶ月に一度来る権利落ちによるIVV指数の下落を避けるために、6/9付でポイントの一旦引出しを行いました。

これは、dポイント投資の「米国大型株」は、IVVの指数のみに連動しており分配金が出ないため、運用したままにしておくと権利落ちによる株価下落の損失を被るためです。

そして、一旦引出しをしたポイントが戻ってきた6/10に再びすべてのポイントの追加を行いました。

そして、dポイント投資の運用状況は以下のとおりとなりました。

 

一旦引出しを行い戻した分が558,743Pで、再投入したときのポイントが558,800Pとなるのため、と最終的には22,405Pの増加となりました。

原資分が558,800Pとなるため、月利4%以上の増加となり(前月の月利9%は異常として笑)、かなりの好成績と言えます。

依然として米国市場が上昇しており、その影響でIVVと連動しているdポイント投資も上昇した形になります。

ただし、運用方針のとおり利確をすることはせず、次回の9月権利付最終日まで放ったらかしで運用していく方針です。

各種ポイントサイトで貯めたポイントは原則としてTポイント→キューポ→永久不滅ポイントと交換して、永久不滅ポイント運用をしていますが、交換比率の関係でdポイントにせざるを得ないポイント(Gポイントなど)はバンバンdポイント投資に追加しています。

ポイント運用の利益は事実上の非課税となるため、「隠れNISA口座」として非常に有効なのでガンガン利用していきます!

マロン
マロン

今月も相変わらず順調で利益がすべて事実上非課税なの強すぎ!

↓「米国大型株」の運用にはTHEO+docomoの口座開設が必要です↓


コメント

タイトルとURLをコピーしました