スポンサーリンク
スポンサーリンク

【重賞】ビスカリア、福島牝馬Sへ出走確定【G3】

ノルマンディー
スポンサーリンク

ビスカリアの福島牝馬S(G3)への出走が正式に確定しました!

枠順は「1枠1番」の最内枠に決定。開催最終日で芝の馬場が全体的に荒れており、特に内側でその状態が顕著であるそうです。

ビスカリアはダートが得意なパワー馬であり、荒れた馬場であることはビスカリアにとってかなり有利に働きそうです。

また、頭数も10頭立の少頭数なので、内内を取って最も経済的なレースを展開できそうです。

加えて、近年の重賞では稀なほどメンバー構成が緩く、絶対的な存在がいないのも好材料です。

鞍上の西村淳也騎手は19歳の若手ジョッキーで初コンビとなりますが、現在関西リーディングで9位(22勝)につけており、将来が期待される新進気鋭のジョッキーです。

調教でもビスカリアに跨ってくれて良い手応えを感じており、「重賞に出るのが今年の目標」と語るなど、このレースに対する並々ならぬ決意があります。

福島牝馬Sでビスカリアに騎乗する西村淳也騎手(19)=栗・田所=は、デビュー2年目で待望の重賞初騎乗となる。調教にも騎乗し、「牝馬特有のイレ込みもなく、落ち着いていて乗りやすい馬です。福島も最終週で荒れた芝なので、パワーもあるこの馬には向いていると思います。重賞に初めて乗れてうれしいし、頑張りたい」と笑顔を浮かべた。昨年は13勝をマークし、今年はすでに22勝。全国リーディング13位につけている若武者に注目だ。

引用先:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00000513-sanspo-horse

ノルマンディーオーナーズクラブの近況報告もなされ、山内調教師も福島の馬場ならチャンスはあると語っています。

☆4/20(土)福島・福島牝馬ステークス(G3・芝1800m・牝)西村淳也騎手
14日(日)に坂路コースで4ハロン58.9-40.8-25.1-12.9を単走で馬ナリに追われ、17日(水)にも坂路コースで4ハロン55.4-39.6-25.6-12.1を単走で末強目に追い切りました。「全体55~56秒でラストだけ伸ばすよう伝えていたので、追い切りは指示どおりの内容。気温の上昇とともに体調面が上がってきているし、もともと肩の出に硬さのある馬ですが、今回はそれも許容範囲に映る。2歳時に使って以来の芝で、牝馬同士とはいえ重賞ともなれば通用するかは正直分からないけど、手頃な頭数で競馬ができるのは魅力ですね。
福島開催も最終週となり、内側の馬場は傷みが顕著に出てきている印象を受けます。時計のかかる馬場傾向になってきたのは、ビスカリアにとってプラスに働くはず。道中なるべく脚を溜めながら行って、終いを生かす自分の形でどこまでやれるかでしょう」(山内研二調教師)

引用元:ノルマンディーオーナーズクラブ専用サイトより

2歳以来の芝競走がいきなりの重賞となるので、やはり人気も振るっておらず、単勝オッズは現在8番人気(10頭立)となっておりますが、上述のような情勢であるため、上位に食い込むことは全然あり得ると考えています。

前々走のTCK女王盃時もかなりの人気薄から優勝

2歳以来の芝競走がいきなりの重賞となるので、人気も振るっておらず、単勝オッズは8番人気(10頭立)となっておりますが、上述のような情勢であるため、上位に食い込むことは全然あり得ると考えています。

前々走のTCK女王盃もかなりの人気薄からの優勝実績(それも今回と同じ最内枠)があるビスカリアです。

自分のレースに徹して、展開さえ向けばもしかしたらもしかするかもしれません。

西村ジョッキーを背に無事に気持ちよく駆け抜けて欲しいです。

がんばれ!!ビスカリア!!

明日はビスカリアを全力応援!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました