スポンサーリンク
スポンサーリンク

GMOコインでビットコインの貸仮想通貨サービスに申込み!

ビットコイン
スポンサーリンク

わたしはビットコインGMOコインで定期買付しているのですが、このたび保有ビットコインが0.3BTCを超えました。

そして、GMOコインでは、保有ビットコインが0.1BTCを超えると「貸仮想通貨サービス」を利用できるようになるため、このたび利用をはじめることにしました!

そもそも貸仮想通貨サービスとは?

貸仮想通貨サービスとは、保有している仮想通貨をGMOコインに貸し出すことで、貸し出した仮想通貨の数量に応じた貸借料を受け取れるサービスになります。

イメージ的には貸株と同じものだと思って大丈夫です。

GMOコインでは、仮想通貨の代表格であるビットコインをはじめ様々な仮想通貨日本円で10万円程度から貸し出すことができ、最短1ヶ月から貸し出した仮想通貨の分だけ貸借料が受け取れます。

1BTCを半年間年率5%で貸し出した場合の例(GMOコインより)

貸し付ける期間は、1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月から選ぶことができ、期間が長いほど年率が上がっていきます。

例えば、0.1BTCを半年間貸し出すと年率5%になるため償還時に約1800円も付与されることになります。

償還時は仮想通貨でもらえるのが嬉しいですね。

貸付けの受付開始は毎月15日!

仮想通貨の貸付けの受付開始日は毎月15日6:00〜(15日が土日の場合は翌営業日)になります。

ただ、実際に貸付けが開始されるのは翌月15日〜になるので注意が必要です。

メニュー押下後に貸暗号資産をタップして参加

先着順になるため、ビットコインやリップルなどの人気仮想通貨はすぐ満員御礼になってしまうので、貸付けしたい方は毎月15日にすぐ申込みをしましょう!

わたしはなんとか3ヶ月貸付の年率3%コース0.3BTC申込むことができたため、11/16貸付開始で2/15に約0.002BTCをプラスして償還される予定です。

なお、一度貸付に参加できると、「再貸出」の部分を取り消さなければ、期間満了後に自動的に再貸付がされます。

わたしは継続して貸し付けて行く予定なので、まさに配当金のような存在になりますね。

まとめ

ビットコインはガチホしていく予定なので、こういう貸仮想通貨サービスは非常に嬉しいところです。

ビットコインでも配当金をもらえるようなものなので、これからもポートフォリオの5%前後まで淡々とビットコインを買い増していきたいと思います(><)

マロン
マロン

ビットコインの貸仮想通貨サービスは胸熱!

↓GMOコインの口座開設はこちらから↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました