スポンサーリンク
スポンサーリンク

【SBI証券から】特定口座に保有しているすべての米国株を移管しました!【マネックス証券へ】

米国株
スポンサーリンク

このたび、SBI証券の特定口座で保有しているすべて米国株をマネックス証券へ移管しました。

先日も一部の米国株をSBI証券からマネックス証券へ移管をしたのですが、今回も以下の通りの手順で移管しました。

この事務手続きがちょっとクセがあるのでその記録と(前回と少し変更点あり)、マネックス証券へすべて移管するにいたった理由を残しておきたいと思います。

移管した理由

移管した理由は、マネックス証券をメインとして利用していくことを決めたためです。

これまではSBI証券とマネックス証券で半々ぐらいの割合で保有していたのですが、保有銘柄が証券会社で分かれてしまうことがあり、ポートフォリオ内の保有割合を調べるたびに平均取得単価を計算したり、配当金を集計したりする必要があるなど、なにかと手間でした。

マネックス証券のTradeStationはスマホに最適化しており注文方法も充実しているため、ユーザーインターフェイスの面でSBI証券に比べて優れているのも理由となります。

これから長期で運用していくにあたり、「使いやすさ」というのは非常に重要になってきますからね。

なお、これでSBI証券には移管不可のNISA口座保有分だけが残ることになります。

移管手数料は?

SBI証券では入出庫ともに手数料無料で行うことができ、マネックス証券は入庫のみ無料となります。

今回は、SBI証券から出庫しマネックス証券で入庫するため、どちらも手数料無料となり、余計な出費が出ることはありません。

具体的な移管手続き

出庫手続き(SBI証券側)

では、本題の移管手続きについてです。

まず、現在保有している証券会社(SBI証券)からの出庫手続きをする必要があります。

手続きは証券会社によって異なりますがSBI証券では以下の手順を踏みます。

① SBI証券へ「外国証券移管依頼書」を請求する

専用ページから特定口座用の「外国証券移管依頼書」をダウンロードして必要事項を記入します。

前回のときは、カスタマーセンターへ電話連絡をする必要があったので、少し楽になりましたね。

② SBI証券へ「外国証券移管依頼書」を返送

すぐにSBI証券から「外国証券移管依頼書」というものが送付されてくるので、記入日と署名をして返送します。

ちなみに1枚あたり10銘柄まで記入可能なので、もし10銘柄以上を移管する場合は①の段階で複数枚の発送を依頼しておきしょう。

③ 約7営業日後に出庫完了

SBI証券に「外国証券移管依頼書」が到着後約7営業日に出庫が完了します。

なお、出庫が完了次第、口座管理画面において出庫分の銘柄が確認できます。

ちなみに、配当金の権利落ち日が近い銘柄は、配当金の着金が確認できてからの出庫となるため、他の銘柄より遅れて出庫される可能性があります。

入庫手続き(マネックス証券側)

BI証券からデータ等が送られてくるため、利用者が行う手続きは特段ありません。

これまでマネックス証券で保有していた銘柄と入庫銘柄を合算して平均取得価格や含み損益を算出してくれます。

ただ、TradeStationでは、入庫した銘柄は入庫時の時価で記載されてしまうとのことです。

そのため、管理画面と同じ表記にしたい場合は、電話連絡(03-6737-1668)で平均取得単価を口頭で言えば訂正してくれるとのことです。

自分はほぼトレードステーションしか見ないので、ここは自動で管理画面と連携して欲しいところ(^^;

まとめ

2度目の入出庫作業になりましたが、やはりクセがある作業になりますね笑

移管完了後は、TradeStationでポジションチェックなどがより把握しやすくなるので、いまから楽しみです(><)

マロン
マロン

データ管理が楽になるのは地味に嬉しいよね!

↓米国株はSBI証券かマネックス証券↓

SBI証券[旧イー・トレード証券]

コメント

タイトルとURLをコピーしました