スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビスカリア、福島牝馬ステークス確定か!?

ノルマンディー
スポンサーリンク

さきほど、JRAから特別レースの登録馬が発表されまして、福島牝馬ステークスの登録馬は10頭となりました(フルゲート16頭)。

両睨みだったオアシスステークスは36頭も登録しており、牡馬も含めた結構な骨太メンツが揃っているため、少頭数立てで、牝馬限定戦である福島牝馬ステークスに向かうものと思われます。

先週金曜日に更新されたクラブ情報でも、福島牝馬ステークスに向かう意向が読み取れます。

7日(日)に坂路コースで4ハロン65.6-45.1-26.1-13.1を単走で馬ナリに追われ、11日(木)にも坂路コースで4ハロンから0.8秒先行して併せ、56.7-39.3-24.3-12.3を一杯に追い切りました。「先行する形でビッシリと追い切りましたが、この中間は行きっぷりのよさが目を引くね。飼い葉食いが旺盛だし、暖かくなってきて体調面も上向いている印象を受けます。次走は来週4/20(土)東京・オアシスS(ダ1600m)もしくは福島・福島牝馬S(G3・芝1800m・牝)のどちらか。メンバーも吟味して判断するつもりですが、今回はいつもと比べて柔らかみが感じられるので、いまのところ気持ちは芝へと傾きつつあります」(山内研二調教師)

ノルマンディーオーナーズクラブ専用サイトより引用

ビスカリアはダート馬ですが、2歳時に芝の短距離レースに出走しており、好走の実績があります。

今回は4年ぶりの芝での実戦となりますが、体も成長していて得意の距離(1800m)でのレースとなるので、少頭数であることも相まって結構期待できるのではないかと思います。

800万円(一口2万円)の安馬だったビスカリアが、ダートレースで力をつけ、7歳の春に49戦目となるレースで芝の重賞に挑戦するということになり、かなり感慨深いものがあります。

ちなみに、もし福島牝馬ステークスに優勝するようなことがあると、5月に東京で行われるヴィクトリアマイル(G1)への優先出走権が付与されます。

そうなると、ビスカリアの50戦目の節目のレースが東京でのG1レースということになり、ロマンが広がりまくります笑

これは、あくまで妄想中の妄想ですが、こういうことを色々と楽しみながら考えられるのも、この趣味の醍醐味ですね。

優勝はできなくても、なんとか2着以内に入ってくれないかなと願っております(重賞レースは2着でも収得賞金が増えるため、今後の色々なレースに出走しやすくなる)。

出走確定は今週の木曜日(4/18)となるので(といってもフルゲート割れなので出走意思があれば出走できます)、いまからとても楽しみです。

ビスカリアちゃんの芝レースでの晴れ舞台がいまから楽しみ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました