スポンサーリンク
スポンサーリンク

「スパークス・新・国際優良日本株ファンド」の積立を松井証券へ変更します!

投資信託
スポンサーリンク

先日、楽天証券にて「スパークス・新・国際優良日本株ファンド」の積立設定をしている旨を書きましたが、このたびその積立設定を松井証券に変更することにしました!

↓↓「スパークス・新・国際優良日本株ファンド」の詳細はこちらを参照↓↓

その理由は松井証券で「投信毎月現金還元サービス」が開始されたためです。

これは信託報酬の一部を現金で還付するというものなのですが、「スパークス・新・国際優良日本株ファンド」を運用するにあってはこのサービスを利用する方がメリットがあると判断した次第です。

↓↓「スパークス・新・国際優良日本株ファンド」の詳細はこちらを参照↓↓

「投信毎月現金還元サービス」とは?

「投信毎月現金還元サービス」は、松井証券が受け取る信託報酬が0.3%が上回る場合に、その上回った金額が現金還付されるものになります。
例えば、松井証券が受け取る信託報酬が0.5%とすると0.2%分が現金還付されます。
100万円運用するとしら、3000円キャッシュバックされるので、中々なメリットかと思います。

なぜ「スパークス・新・国際優良日本株ファンド」にメリットがあるのか?

「スパークス・新・国際優良日本株ファンド」は非常に優秀なファンドなのですが、信託報酬が高いのが難点でした。

内訳は以下の通りとなっています。

3社の内訳 運用会社 0.90%
販売会社(松井証券) 0.70%
信託銀行 0.04%
信託報酬率(合計・税抜) 1.64%

なかなかなコストですよね笑

ただ、ここでは松井証券の受け取る信託報酬は0.7%ですので基準となる0.3%を超えています。

よって、年間0.4%分は現金還元サービス で戻ってくることになります。

キャッシュバックのイメージ図

これは、他社で運用するとただコストになるだけなので、かなり魅力的ですね。

仮に100万円を運用していれば年間で4000円もキャッシュバックですから簡単な配当レベルになります。

楽天証券はポイント獲得のみを目的にする

楽天証券では、月5万円まで投資信託を楽天カードで購入することができ、なんとそこに楽天ポイントが付与されます。

そのため、スパークスを1万円分購入すれば100ポイントが付与されてたわけですが、信託報酬の高い投資信託だとメリットが低くなります。

そのため、ほぼ値動きのない「eMAXIS slim 国内債権インデックス」を毎月5万円分購入し即売却をしてポイント獲得を主目的とします。

まとめ

松井証券はネット証券として地味ですが、近年は投資信託のサービスが飛躍的に向上しています。

ロボアドに関しても他社よりも評判が高くIPOでもファンが多い会社。

特にIPOでは前受金不要でブックビルディングに参加できるので、わたしも重宝しています。

松井証券には「スパークス・新・国際優良日本株ファンド」の運用でもお世話になっていきます!

マロン
マロン

松井証券は地味に色々頑張ってるからかなり好印象!

↓松井証券の口座開設はこちらから↓


コメント

タイトルとURLをコピーしました