スポンサーリンク
スポンサーリンク

【SBI証券から】米国株の保有銘柄の一部を移管します!【マネックス証券へ】

米国株
スポンサーリンク

このたび、SBI証券で保有している米国株の一部銘柄をマネックス証券へ移管することを決意しました。

この事務手続きがちょっとクセがあるのでその記録と、マネックス証券へ変更するにいたった理由を残しておきたいと思います。

移管する理由

このたび入出庫する理由は、保有銘柄の分散を避けるためです。

わたしが保有する銘柄の中でAAPL,IBM,CSCOが、マネックス証券とSBI証券で保有している状態となっています。

上記銘柄は本来マネックス証券のみで保有する予定だったのですが、ふと購入したいときに余力があったのがSBI証券だったので、こういう状態になってしまいました(^^;

保有銘柄が証券会社で分かれてしまうと、ポートフォリオ内の保有割合を調べるたびに平均取得単価を計算したり、配当金を集計したりする必要があるなど、なにかと手間でした。

そのため、今回入出庫をすることを決めた次第です。

手数料は?

SBI証券では入出庫ともに手数料無料で行うことができ、マネックス証券は入庫のみ無料となります。

今回は、SBI証券から出庫しマネックス証券で入庫するため、どちらも手数料無料となり、余計な出費が出ることはありません。

出庫手続き(SBI証券側)

まず、現在保有している証券会社(SBI証券)からの出庫手続きをする必要があります。

手続きは証券会社によって異なりますがSBI証券では以下の手順を踏みます。

① まずSBI証券へ出庫する旨の電話連絡をする

すべてネットで完結するイメージのSBI証券ですが、こと出庫に限ってはまず下記のカスタマーセンターに電話連絡をしなければなりません。

=お問合わせ先=
カスタマーサービスセンター
0120-104-214(トーシニイーヨ)
年末年始を除く平日8:00~18:00携帯電話のお客さまは、ナビダイヤルをご利用ください。
0570-550-104(ゴーゴートーシ)
平日8:00~18:00(年末年始を除く)
※ナビダイヤルは、携帯電話からは20秒10円(税込11円)の通話料がかかります。なお、国際電話、IP電話からはご利用いただけません。その際は03-5562-7530をご利用ください。
わたしは携帯電話からだったので、ナビダイヤルで電話代を取られるのを避けるために03-5562-7530に電話しました。
電話をするとカスタマーセンターの人から「専用の書類を送付するので返送してください」との依頼を受けます。

② SBI証券へ「外国証券移管依頼書」を返送

すぐにSBI証券から「外国証券移管依頼書」というものが送付されてくるので、記入日と署名をして返送します。

ちなみに1枚あたり10銘柄まで記入可能なので、もし10銘柄以上を移管する場合は①の段階で複数枚の発送を依頼しておきしょう。

③ 約7営業日後に出庫完了

SBI証券に「外国証券移管依頼書」が到着後約7営業日に出庫が完了します。

なお、出庫が完了次第、口座管理画面において出庫分の銘柄が確認できるとのことです。

ちなみに、配当金の権利落ち日が近い銘柄は、配当金の着金が確認できてからの出庫となるため、他の銘柄より遅れて出庫される可能性があるとのことです。

入庫手続き(マネックス証券側)

マネックス証券に確認したところ、SBI証券からデータ等が送られてくるため、利用者が行う手続きは特段ないとのことです。

これまでマネックス証券で保有していた銘柄と入庫銘柄を合算して平均取得価格や含み損益を算出してくれます。

ただ、マネックス証券の米国株取引専用アプリのトレードステーションでは、入庫した銘柄は入庫時の時価で記載されてしまうとのことです。

管理画面と同じ表記にしたい場合は、電話連絡(03-6737-1668)で平均取得単価を口頭で言えば訂正してくれるとのことです。

自分はほぼトレードステーションしか見ないので、ここは自動で管理画面と連携して欲しいものですね(^^;

まとめ

はじめて入出庫作業に取り掛かりますが、手数料を取られることもなく行けそうです。

入出庫作業がうまく完了すれば、マイポートフォリオの計算や配当金の集計がより楽になるので、いまから楽しみです(><)

マロン
マロン

データ管理が楽になるのは地味に嬉しいよね!

↓米国株はSBI証券かマネックス証券↓

SBI証券[旧イー・トレード証券]

コメント

タイトルとURLをコピーしました