スポンサーリンク
スポンサーリンク

【米国株】配当金を集計しました【1月分】

配当金
スポンサーリンク

1月は以下のとおり配当金が入りました。

配当金は米ドルでもらっていますが、日本円の方が分かりやすいので配当時の為替レートで換算し、すべて税引き後になります。

  • MO 13,082円(200株)
  • CSCO  3,694円(135株)
  • NGG 7,557円(65株)

          合計 24,333

そして、配当金をもらい始めた昨年9月からの月別の集計は以下のとおりです。

 

配当金合計額は2.5万円弱となりましたが、昨年同月比からは減少しています。

これはポートフォリオの再構築のために昨年まで保有していたWBKとリート日本株を売却した影響によります。

ちなみに、昨年から継続保有しているMOの配当金は倍近く増加しています。

以下、今回の配当のトピックについて触れていきたいと思います。

安定感のあるアルトリア(MO)

1,4,7,10月配当銘柄で昨年から唯一継続保有しているMOですが、相変わらず安定感のある配当金を出してくれています。

わたしのポートフォリオ内では最も含み損の多い銘柄ですが、潤沢なキャッシュフローと参入障壁の高い業界であることから今後も安定して配当金を出してくれることがかなり期待できます。

現在の保有割合(約10%)を意識していき、今後も1,4,7,10月配当銘柄のエースとしてガチホールドしていく予定です。

シスコ(CSCO)の存在感が増してきた

1,4,7,10月配当のハイテク銘柄として昨年からちょくちょく買い増してきたCSCOが4000円弱の配当金を出して存在感を示して来ました。

保有割合は9%弱であるため、10%ほどを目安に今後も買い増して行く予定です。

ナショナルグリッド(NGG)から最後の配当

これまで保有してきたNGGですが、国有化等の懸念があり今後の継続保有に向かないと判断し、すでに先日売却しております。

1月配当の権利落ち日以降に売却したため、今回は配当金をもらえましたが、8月の配当は今後もらえなくなります。

まとめ

今月に引き続き来月分もポートフォリオの再構築の影響のため昨年同月比を下回る予定です。

しかし、今年の大目標である年間配当50万円へ向けては着々と歩みを進めており、今回もらった配当金はきっちりXOMの買増し資金の一部に回して配当再投資(=複利の恩恵を受けるを実施しています。

コツコツ焦らず買い増していきます!

MOは一時期に比べて株価が復活してきたよね!

↓米国株はSBI証券かマネックス証券↓

SBI証券[旧イー・トレード証券]

コメント

タイトルとURLをコピーしました