スポンサーリンク
スポンサーリンク

【打倒】ローソンとファミマが攻勢を仕掛ける【セブン】

お得情報
スポンサーリンク

ローソンとファミマは、セブンイレブンに攻勢を仕掛けています。

セブンイレブンは、コンビニ業界の絶対王者として長年君臨し続けていますが、最近は24時間労働が当たり前の契約が話題になり、コンビニ店員の労働環境の改善が進んでいない「ブラック企業」のイメージがつきつつあります。

こういったセブンの窮地を最高の契機として、「永久の2・3番手」であったローソンとファミマがコンビニ店員の労働環境の改善に努めはじめており、「セブンイレブンよりクリーンな企業」のイメージを全面に押し出しています。

ローソン

ローソン <2651> は1日、客が自分で商品を決済できる「セルフレジ」を全店で利用可能にする方針を明らかにした。同社は人手不足対策として、2月までにセルフレジ機能付きの新型レジを全店へ導入済み。今後、各店にある新型レジの一部を順次セルフレジ用に転換。9月末までに全店で顧客が利用できるようにする

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190401-00000033-jijc-biz

ファミマ

ファミリーマートとパナソニック <6752> は2日、次世代型コンビニエンスストアの実験店を横浜市に開業した。顔認証で精算できる無人決済サービスや、店員の腕の電子端末に欠品を通知するシステムなど省力化につながる多彩な技術を導入。実験結果を見た上で、「できるものはすぐに(他店に)展開したい」(沢田貴司ファミマ社長)考えだ。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-00000024-jijc-biz

これまで両社は、「セブンの永久の二番煎じ」というイメージでしたが、こういった労働環境の改善を全面に押し出し、「セブンとは違う企業である」ことを消費者に印象づけています。

最近では、セブン独自の決済手段であるnanacoに対抗するためにバーコード決済アプリで様々なお得キャンペーンを実施(ローソンはOrigamiPayでLチキやシュークリームを無料配付ファミマはPayPayで大幅ポイント還元)していることも記憶に新しいです。

株価についてもセブンイレブンは暴落を続けており、今後もこのような傾向が続いていけば、コンビニ業界のナンバーワンをかけた戦国時代が始まるかもしれません。

われわれ消費者は、これから各社コンビニが覇権を取るために打ち出してくるであろうキャンペーンに乗っかっていけば、お得なお買い物ができるでしょう。

マロンはローソンのコーヒーが一番好き♪♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました