スポンサーリンク
スポンサーリンク

わたしのTポイント獲得方法【SBIネオモバイル証券での利用に向けて】

Tポイント経済圏
スポンサーリンク

わたしはこれまで楽天ポイントを中心に貯めてきましたが、ここ2ヶ月ぐらいでTポイントの獲得にも本腰を入れ始めています。

その理由が、SBIネオモバイル証券の登場です。

SBIネオモバイル証券では、株式購入にTポイントを利用できるのですが、手数料実質無料で単元未満株を購入できるため、細々としたポイントを有効活用しやすいのです。

以下では、わたしが実施しているTポイント獲得方法を紹介したいと思います。

Yahoo!カードの利用

Yahoo!カードは、利用額の1%分がTポイントとして付与されます。

これまで楽天カードを中心とした決済を行ってきたのですが、このうち水道光熱費とネット代に係る分をYahoo!カードからの引き落としに変更しました。

一月あたり1万円ぐらいになるので、これで約100P分のTポイントが貯まることになります。

また、Yahoo!カードはTカードも兼ねているため、TSUTAYAをはじめ、吉野家やガスト、ファミリーマートなどの大手チェーン店、食べログなどを利用したときにYahoo!カードを提示してTポイントを貯めています。

ちなみに、楽天ポイントは、楽天証券で月5万円分こ投資信託がポイント対象になるので、これで十分と考えています。

新生銀行の新生ポイントプログラム

新生銀行では、いつもの銀行サービスの利用でポイントが貯まる新生ポイントプログラムというオトクなプログラムを行っています。

もらえるポイントは、Tポイント、dポイント、nanacoポイントのいずれかの中から毎月好きなものを選ぶことができるのですが、わたしはこの中でTポイントを選んでいます。

特定の取引を行うことでポイント対象になるのですが、わたしは振込入金を月4回することで月100Pをもらっています。

振込入金するだけで100Pゲット

毎月エントリーする必要がありますが、特段の出費をすることなく得られるポイントなので、やっておく価値はめちゃくちゃあります。

ちなみに、どこの銀行から振込入金した方がお得かは以下の記事で詳述しているのでご確認ください。

まとめ

これまではTポイントを獲得しても、あまり気を止めずに意識的に使う機会がありませんでした。

ただ、SBIネオモバイル証券が登場してからは、少額のTポイントでも単元未満株の購入へ有効活用できるので、Tポイントのメリットを再認識した次第です。

上記例で年間2400PのTポイントが貯まるので、これだけあればSBIネオモバイル証券で国内主要株の1株分は購入することができます。

これからもお得にTポイントを貯める機会があれば積極的に活用していきたいと思います!

マロン
マロン

Tポイントは、SBIネオモバイル証券の登場で一気に魅力が増したと思う。

↓↓SBIネオモバイル証券の口座開設はこちら↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました