スポンサーリンク
スポンサーリンク

【コインチェック】IEOはノーリスクハイリターンの有望投資!

その他
スポンサーリンク

仮想通貨といえば、ビットコインなどをはじめ昨年世間を騒がせたイメージがあると思いますが、今一番盛りがっているのがIEOです。

IEOは、IPOに似て短期的に莫大なリターンが狙えことから非常に注目されています。

海外ではIEOは普通に行われているのですが、国内ではまだ行われておりませんでした。

しかし、ついに国内でもコインチェックがIEOを検討すると公式に表明しました!!

昨年は情報流出事故で信用が失墜しましたが、マネックス証券のグループ会社になってからはシステムも安定しており、このところじわりじわりと信頼を回復させつつあります。

でもそもそもIEOとかコインチェックつてのがよく分からんという人も多いと思いますので、簡単に説明していきたいと思います。

コインチェックって何??

まず、IEOの取扱いを検討すると表明したコインチェックについて。

コインチェックは仮想通貨の取引所で、500円の低価格で10種類の仮想通貨を24時間いつでも簡単に売買できます。

前述した情報流出事件で世間に大きく知られるようになった同社ですが、そこからマネックスグループの子会社になり、システムも以前とは比べ物にならないぐらい頑強なものとなったため、信頼も回復してきています。

IEOって何??

IEOは「Initial Exchange Offering」といってICOの仲間になります。

そしてICOは「Initial Coin Offering」の略で仮想通貨による資金調達のことを言います。

ただICOには問題があり、仮想通貨の発行体自身が行う厳格な審査がないため、購入する側はホワイトペーパーに書かれていることを信じるしかなく、詐欺コインが横行しました。

一方、IEOでは取引所が主体となって資金調達を行うため、詐欺の可能性は極めて低くなります。

下図のように、コインチェックが仲介に入ることで、信頼性のある資金調達を実現できるのです。

IEOでの利益の出し方

IEOで利益を出す仕組みはほぼIPOと同じ手順と考えてもらってオッケーです。

  • トークンへの申込み
  • 見事当選する
  • 上場後に売却

IPO同様に抽選に当選しないと購入ができません。

そして、海外で実施されたIEOではなんと公募割れがなく、購入金額の4〜46倍もの値段で売却されています。

コインチェックで実施するIEOがどうなるかはわかりませんが、海外で行われているIEOは堅調な結果を残しています。

まとめ

仮想通貨は一大ムーブメントを巻き起こした昨年と比較すれば現在はかなり落ち着いています。

しかし、昨今の経済不安からビットコインにも資金が流入しており、再度1btc=100万円となり復活の兆しを見せています。

そして、このタイミングでコインチェックのIEOへの参入表明

第一弾のIEOがいつになるかわかりませんが、これは非常に面白くなってくると思います。

是非、今のうちから口座開設だけでもして参加する準備だけはしておきましょう!

マロン
マロン

ビットコイン自体にも10万円程度なら投入してみても面白いかも!

コメント

タイトルとURLをコピーしました