スポンサーリンク
スポンサーリンク

【楽天証券】つみたてNISAの積立銘柄を一部変更【S&P500】

買付
スポンサーリンク

我が家では、今月分から奥さんのつみたてNISAをはじめています。

わたしはこれまで一般NISAだったのですが、奥さんのつみたてNISAを設定していく過程で、つみたてNISAの魅力に改めて気付かされ来年からはわたしもつみたてNISAにすることにしました(^^;

つみたてNISAの設定状況

さて、現在は奥さんのつみたてNISAのみ設定しており、米国のS&P500に連動した3つの投資信託を購入しています。

また、均等に割り振って成績を比較していこうということで以下の通り設定していました。

  • 楽天全米株式インデックスファンド
  • iFree S&P500インデックス
  • eMAXIS slim 全米株式(S&P500)

上記銘柄をそれぞれ毎月11,111円分購入するように設定。

iFree S&P500インデックスの信託報酬が高い

しかし、この中でiFree S&P500インデックスの信託報酬が他2つに比べて倍近く高いことに気づきました。

他銘柄と信託報酬引下げ合戦になるかと期待していたのですが、今後も下がる余地はなさそうです。

信託報酬を倍にするほど他2銘柄との差異があるとは思えませんので、iFree S&P500インデックスへのつみたて資金を他2銘柄に流すことに決めました。

具体的な切り換え手順

iFree S&P500インデックスにつみたて設定している11,111円分を以下のとおり、他2銘柄に振り分けました。

  • 楽天全米株式インデックスファンド→16,667円に変更
  • eMAXIS slim 全米株式(S&P500)→16,666円に変更

こうすることでつみたてNISAの月額つみたて上限額(33,333円)を維持することができます。

ちなみに、楽天証券では毎月12日までに変更した分が翌月1日のつみたて金額に反映されます。

8/12までにこの設定は完了しているので、9/1から上記金額で積立されることになります。

すでにつみたてた分のiFree S&P500インデックスはどうする?

iFree S&P500インデックスは1ヶ月分だけつみたてたので、11,111円の残高があります。

解約するのもありですが、解約すると非課税枠として扱われなくなるため、このまま保有していきたいと思います。

iFree S&P500インデックス自体は優秀な投資信託であり、上述した2つの銘柄に比べれば劣るというだけのことです。

わざわざ非課税の恩恵を捨ててまで解約するメリットはないと考えています。

まとめ

これからは、楽天全米株式インデックスファンドeMAXIS slim 全米株式(S&P500)の2銘柄へ均等つみたてしていく予定です。

ちなみに、つみたてNISAの商品には、先進国投信や新興国投信、国内投信もたくさんありますが、S&P500と比較して明らかに劣るため、今後の変更予定はまったくありません。

つみたてNISAと米国市場を利用してコツコツ資産形成していきたいと思います!

マロン
マロン

優良銘柄同士なら変更もあり得るよね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました