スポンサーリンク
スポンサーリンク

電車バスに乗るときはビックカメラSuicaカードを使うべし!【定期券区間以外】

お得情報
スポンサーリンク

JR東日本が発行しているSuicaは、首都圏のほとんどの公共交通機関で使用できる言わずと知れた電子マネーです。

ただ、わたしの定期券はPASMO(自宅職場間にJRが絡んでないため)のため、日頃Suicaを意識することはありません。

唯一気にするときは、親族の実家に行く際にJRのグリーン車に乗車するときで、そのときはSuicaがあれば便利だなぁと感じていました。

また、なんどもグリーン車に乗るとそれなりな金額になってくるので、なにかお得なカードとかないかなぁとも考えていました。

そこで、見つけたのがビックカメラSuicaカードでした。

名前からだとなんか胡散臭い感じがするのですが、現在発行されているSuicaの中では最も利用価値の高いカードだと思います。

その理由を簡単に記していきたいと思います。

ビックカメラSuicaカードって?

ビックカメラSuicaカードはその名の通り、ビックカメラで発行しているクレジットカードです。

JR東日本グループが発行しているビューカードと提携しているため、Suica機能も付帯しています。

しかもクレジットカードとSuicaの他にビックポイントカードの機能もあります。

すなわち、Suica、ビューカード、ビックカメラカードが1枚にまとめられた一石三鳥なカードということになります。

ちなみに年会費は477円になりますが、初年度無料であり、2年目以降も前年に一度でもクレジットカード機能を使っていれば無料になります。

Suicaにクレジットチャージするか、Suicaを使わなくてもコンビニでうまい棒1本でもクレジットカードで購入しとけば、それで翌年度は年会費無料になります。

ビックカメラSuicaカードで貯まるポイントは?

ビックカメラSuicaカードは下記の二つのポイントが貯まります。

  • ビックポイント
  • JREポイント

ビックポイントはビックカメラで利用できるポイント。

一方、JREポイントはSuicaなどにチャージできる実用性の高いポイントです。

すなわち、1,000円(税込)ごとにビックポイントが5P、JREポイントが5P貯まるということです。

ただし、Suicaにチャージした時だけはJREポイントが3倍貯まります。

つまり、1,000円チャージしたらJREポイントが15P貯まるということ。

Suicaへのチャージは還元率が優遇されているんです。

ビックカメラSuicaカードのメリットは?

ビックカメラSuicaカードのメリットは大きく分けて4つあると考えます。

メリット1:Suicaへのチャージでポイントが3倍

1番のメリットはやはりSuicaへのチャージでポイントが3倍(1.5%)になることでしょう。

Suicaにチャージできるクレジットカードの中でもトップクラスの還元率になります。

10,000円チャージしたら150ポイントも貯まることになります。

Suicaに現金チャージするだけでは、なにもポイントはもらえないので、この還元率は破格だと思います。

わたしのように定期的にグリーン車に乗る機会が多くなると、乗るだけでポイント還元があるのですかは使わない手はないです。

メリット2:年会費無料にするハードルが低い

ビックカメラSuicaカードは年会費が2年目から477円(税込)かかりますが、たった1回利用するだけで次年度の年会費が無料になります。

これはクレジットカードの中ではかなりハードルが低いです。

実質無料で様々な特典が得られる超有能カードということになります。

メリット3:ビックカメラで最大11.5%お得に買い物できる

ビックカメラでの買い物は非常にお得です。

ビックカメラSuicaカードで買い物すれば10%分のビックポイントが還元されます。

通常ビックカメラでクレジットカード払いにすると、10%還元の商品が8%還元にダウンするのですが、ビックカメラSuicaカードはそのまま10%還元の恩恵を受けることができるのです。

しかも、チャージしたSuicaで支払いをすればポイントの2重取りが可能。

最大11.5%分が還元されるんです。

ただし、Suicaへのチャージは20,000円が上限なので20,000円以下の商品でしか適用されません。

20,000円を超えた部分に関してはビックカメラSuicaカードで支払いになりますが、それでも還元率10%のままなので十分お得です。

ちなみに、ビックカメラSuicaカードに貯めたビックポイントは、ビックカメラ.comでも利用可能です(店頭にてビックカメラIDとの紐付け依頼が必要)

メリット4:Suicaのオートチャージに対応

ビックカメラSuicaカードはSuicaのオートチャージに対応しています。

もし残高が設定金額以下になると改札にタッチした段階で自動的にチャージされます。

これを利用すればもうSuicaの残高を気にする必要がなく、メチャクチャ便利になるので、必ず設定しておくようにしましょう。

新規発行する際にオートチャージ依頼をすればそれでOKですが、もし、発行時に忘れてもビューアルッテ(JR東日本のATM)にいけばいつでも設定可能です。

メリット5:Web明細にするとするとJREポイントが貯まる

明細の郵送をやめてWeb明細にすると毎月50PのJREポイントがもらえます。

年間で600ポイントにもなります。

年会費が477円(税抜き)ですが、これよりも多くのポイントをもらえてしまいます。

いまどき、紙の明細を希望する方などほぼいないと思うので、ビックカメラSuicaカードは発行した時点で得をする不思議カードということになります。

まとめ

唯一の欠点は定期券を発行できないことです。

ただ、わたしのように定期券がPASMOの方々は、気にする必要のないデメリットになります。

PASMOユーザーとしては、定期券区間以外をすべてビックカメラSuicaカードにすれば、上記のメリットをそのまま享受することができます。

日々の電車バス利用もお得にラクに使用していきましょう!

マロン
マロン

Suicaの中で一番有能なカードだと思う!

コメント

タイトルとURLをコピーしました