スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビスカリア、ブリーダーズゴールドカップで5着!

ノルマンディー
スポンサーリンク

昨日、出資馬ビスカリアが門別競馬場で開催されたブリーダーズゴールドカップ(G3)に出走しました。

結果は、掲示板ギリギリの5着となりました。

引用元:netkeibaより

JRA勢の5頭が上位を独占した形でして、ビスカリアはその中で5着を確保したということになります。

JRA馬5頭、地方馬6頭の計11頭の対決でしたが、上記結果からも分かるように5着ビスカリアと6着馬の地方馬もの間には7馬身もの差がついており、改めて中央と地方の実力差が際立ちました。

展開としてはかなり良く、中盤待機で最終コーナーまで行ったのですが、他のJRA勢4頭がすでに前にいる状態であり、直線を向いてからの追込みもそれほど伸びませんでした。

そのため、最終コーナー前までの着順がそのまま結果にあらわれたという形です。

いつも最後の直線で急激に伸びてくるビスカリアの末脚が今回は炸裂しなかったのが気になる材料でした。

7歳という高齢からの衰えもあるかと思いますが、馬体重が前レース比+10kgになっており、かなり馬体が太かったのも影響していると考えられます。

森騎手からのレース後コメントからもその傾向がみてとれます。

★8/15(木)門別・ブリーダーズGC(Jpn3・ダ2000m・牝)森泰斗騎手 結果5着

「見た目は良さそうに映りましたが、休み明けの分、馬が緩んでいて、本調子ではなかったようですね。返し馬からトモも頼りない感じがありました。負けるにしても、いつもなら最後はもっと差を詰めてくれるはずで、今日はそれも出来なかったです」(森泰斗騎手)

引用:ノルマンディー専用ページより

今回のレース内容が、ビスカリアの本調子ではないかと思いますが、衰えなのかも含めて今後の方向性が決まるのは次回レースの内容次第ということになりそうです。

今回収得賞金を加算できなかったことから、当初目標にしていたであろう10月の交流重賞レディスプレリュード(G2)への出走が厳しくなっているので、陣営がどのような選択をしていくのか気に掛けていきたいと思います。

ちなみに、今回のレースでは5着賞金の110万円をゲットしました。

諸手当を考慮すると、来月の分配金は4,000円程度になるかと思います。

優勝はできませんでしたが、自身の維持費以上の賞金をしっかり稼いできており、素晴らしいですね。

今回の疲れをしっかり癒やして、今後も無事にコツコツ走っていってもらえればと思います!

マロン
マロン

すっかり交流重賞の常連牝馬になってるけど、これはホントにすごいこと!

コメント

タイトルとURLをコピーしました