スポンサーリンク
スポンサーリンク

【RDSB】ロイヤルダッチシェルを約46万円分新規購入!

買付
スポンサーリンク

昨日、ロイヤルダッチシェルをSBI証券のNISA口座にて約46万円分新規購入しました。

56.69ドルで77株購入

長短金利の逆転現象(逆イールドカーブ)の発生や香港デモの懸念等により、ダウ平均が今年最大の下落幅の昨日比−800ドルの大暴落となりましたが、そんな中わたしはロイヤルダッチシェルを購入しました。

ちなみに購入資金には、先月売却していたWBKの売却資金の一部を充てた形になります。

以下、RDSBを購入した理由について述べていきたいと思います。

最近2年でかなり魅力的な株価と利回り

ロイヤルダッチシェルの株価は、WTI先物価格にほぼ連動しています。

昨今の中東情勢の影響によりWTI先物価格が急落したのに相まって、RDSBの株価も50ドル代まで下がってきていました。

この価格帯は最近2年の最安値圏であり、配当利回りも6.5%を軽く超えてきているため、購入に踏み切りました。

配当権利日の最終日だった

RDSBは9月配当であり、その権利落ち日は8/15となっています。

すなわち、現地時間で8/14までに購入した分まで日本時間では昨日8/14夜に注文した分まで)、9/23に支払われる配当金の対象になります。

どうせ購入するなら早めに配当金を貰えた方が嬉しいですからね笑

NISA枠が50万円ほど残っていた

NISAは配当金の国内課税が非課税となるため、米国現地課税が掛からないADR銘柄を購入すると配当金がまるまる貰えることになります。

RDSBは英国に本社を置くADR銘柄であるため、NISAとの相性が抜群であり、NISA枠を使用するのに最も適した銘柄でした。

よって、来月の配当金はまるまる(0.94ドル×77株≒72.38ドル)もらうことができます。

資源セクターを取り入れたかった

わたしのポートフォリオには、これまで資源セクターがなかったので、特に石油メジャーをいつか取り入れたいと考えていました。

石油メジャーは株価がほとんどWTI先物価格に連動しているため、良くも悪くも市場の動きとは独立した動きをして、分散の観点からも最適だからです。

そこで、RDSB以外にもXOM・BPを検討していたのですが、上記理由を勘案した結果、今回はRDSBを選択した次第です。

まとめ

今回の購入により、3,6,9,12月配当銘柄にRDSBが加わり配当金に厚みが出ただけでなく、これまでになかった資源セクターをポートフォリオ内に取り込めることができ適度な分散も図ることができました。

最近は米国市場が大暴落していますが、こういうときの勇気ある買い増しが将来的に活きてくると思いますので、今後も淡々と買い増していきたいと思います

 

エネルギーセクターや資源セクターの株価は市場の動きとは独立して動く傾向があるよね!

 

 

 

↓↓SBI証券の口座開設はこちら↓↓

SBI証券[旧イー・トレード証券]

↓マネックス証券の口座開設はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました