スポンサーリンク
スポンサーリンク

【育児休業給付金】育休手当は意外に貰える!それも非課税所得!

その他
スポンサーリンク

我が家では来月に娘が産まれるのですが、私もそれに合わせて人生初の育児休業を取る予定です。

取得期間は約半年の予定でして、その間は当然給料は出ず、代わりに「育児休業手当金(以下、育休手当)」というものが支給されることになっています。

育休手当は「給与所得」ではないため、各種税金は非課税扱いとなります。

税務上や社会保険料の算定上の所得でないということになるため、その影響は様々なところに出てきます。

いまのうちにその影響を把握しておくことは、育児休業中の安心した生活に直結すると思いますので、ざっくり勉強してみたので記録に残しておきたいと思います。

そもそも育休手当はどのぐらい支給される?

育休手当は、支給基準が法律で決まっており、「休業開始時賃金日額×支給日数×67%(育休開始6カ月経過後は50%)」となります。

休業開始時賃金日額は、休業前6カ月分の月収額(額面)に諸所の手当や交通費・残業代を含めたものを日額に換算したものになります。

色々と天引きされる前の月収額が算定の基準になるのがポイントです。

育休手当に所得税は掛からない!

そして、この育休手当は非課税なので所得税がかかりません。

つまり、育児休業給付金は所得税が天引きされずそのまま受け取れるということになります。

所得税は1月から12月の間に発生した「所得」に対して課税されるものなので所得が多ければ多いほど税率も高くなります。

育休手当は「所得」ではないため、この税率も低くなり来年の所得税もが少なく済むようになります。

育休手当をもらった翌年度の住民税が安くなる!

「所得」が少なくなることでさらに住民税の金額にも影響が出ます。

住民税は1月から12月の「所得」に応じて翌年6月から払うことになっています。

そのため、育休中は前年の所得に対しての住民税を払う必要があるので(天引きではないため、紙の納税通知書が送られてくる)、その年は大きな負担になるものの、育休手当をもらった翌年6月からの住民税はその分だけ安くなるため、トータルで見ると所得税が掛からない分むしろお得になります。

 毎年ふるさと納税をしている方は「寄付のし過ぎ」に注意です。育休取得年の所得税とその翌年の住民税が安くなるため、寄付の上限額が低くなります。例年と同じ感覚でふるさと納税をしていると控除されない可能性があります。

保育料も安くなる!

住んでる地域によって細かい部分が違いますが、保育料も世帯の所得に応じて金額が変わります。

その年の6月に決定した住民税をもとに9月からかかる保育料が計算されるようになっています。

保育料の計算は世帯の所得が元になるので、夫婦そろって育休を取って世帯の所得が大幅に少なくなればそれだけ安くなることになります。

ちなみに、我が家は夫婦そろって育休を取るため、来年の世帯年収はかなり低くなります。

どちらかを扶養に入れればさらに節税できる!

育休手当は「所得」ではないので、育休前まで共働きであっても扶養に入ることが可能です。

扶養に入れば配偶者控除配偶者特別控除が適用されて世帯全体で見た時の税額を少なくすることができるので、可能であれば扶養に入ることも考えておきたいです。

ただし、扶養に入るには1月から12月の給与収入で以下の条件があるので、出産した時期や収入によっては扶養に入ることはできません。

  • 年収103万以下:配偶者控除
  • 年収103万~201万5999円:配偶者特別控除
  • 年収201万6000円以上:控除なし

ちなみに、我が家は妻が1年間の育休を取得予定であり、来年の「所得」が103万円以下になるため、来年の年末調整時に配偶者控除を使用する予定です。

社会保険料がすべて免除!

会社の健康保険組合に加入している方は、毎月天引きされている社会保険料がすべて免除されます。

これは「免除」なので「払ってないけど払ったことになる」ことを意味し、育休復帰後に納める必要はありません。

給与明細を見てもらえれば、これがかなりデカい金額であることが分かります。

これらの金額をまるまる払う必要がなくなるわけです。

まとめ

これまで私の認識では、育休手当は毎月の手取りの7割ぐらいになるのかなぁと漠然と思っていたのですが、まったく違いました!

所得税や住民税、各種保険料などの負担がかなり軽くなるため、これまでの毎月の手取り分がほぼ貰えることなります。

これで家族との貴重な時間を1年間も過ごせる訳なので、この制度を使わない手はないですね。

日本は育休制度がめちゃくちゃ充実しているのに、使わない(知らない)人が多すぎると感じています。

これからの時代、育休制度はバンバン使って、家族との大切な時間を過ごしていきましょう!

マロン
マロン

日本の育休制度が意外に充実しててビックリしたけど、あまり知られていないのがもったいない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました