スポンサーリンク
スポンサーリンク

一口馬主は夢のある投資

一口馬主
スポンサーリンク

こんにちは〜、今日は快晴のポカポカ日和だったので、のんびりと散歩できて凄く気分の良い一日でした♫

さてさて、一口馬主記事の初回は、そもそも「一口馬主」ってなによ!?ってことと、私が一口馬主に興味を持ったきっかけについてざっくりとお伝えしたいと思います。

「馬主」は分かるけど、なんで「一口」がつくのよ!? そもそもどういう運営方式になってて、一口馬主にはどういうメリットがあるのよ!? ってところも触れていければと思います。

そもそも「一口馬主」ってなによ??

一口馬主とは、一言でいうと「一頭の馬の値段を分割して、みんなで一頭の馬を所有しましょう」っていう制度です。

はぁ〜??って感じかと思うのですが、お馬さんってめちゃくちゃお高いんですよ。安い馬でも普通に600万とかします。みんな知ってるディープインパクトの子供なんて1億超えが当たり前の世界です

なので、馬主になることができるのは、企業の社長さんとかばっかりで、お金持ちの娯楽なんですね

でも、この「一口馬主」っていう制度があれば、一頭の馬を分割するので(10口〜500口など様々)、わたしを含めたそこらへんの一般ピーポーでも所有することができるのです

分割されているとはいえ、分割された分の権利はしっかり持っているので、たった一口といえど、れっきとした馬主なのです

なので、もし一口保有したお馬さんが、日本ダービー(優勝賞金2億円!笑)なんか勝っちゃったりしたら、優勝賞金の一口分の収入が入ってくることになります。

まあ、ぶっちゃけダービー勝つことは、すべてのホースマン(競馬関係者のことをこう言います)の目標なので、めちゃくちゃ至難の業なのですが、ダービー勝つとまで言わなくても日本には高額賞金の競争がたくさんあるので、良い馬に巡り会えれば、普通にお小遣いぐらいの収入が入ってくるんですね

現にいま私が所有しているお馬さんも最高峰のレースまでは行けてないですが、それなりに賞金の高いレースをコンスタントに走り続けていて、結構な収入になっています

自分の好きな馬に出資して、その馬が色んなレースに出走して賞金を稼いできてくれる(レースによってはテレビ放送もされます)。また優勝したときには「口取り式」という大規模な記念撮影会にも参加できる。

めちゃくちゃ夢があると思いませんか??

一口馬主に興味を持ったきっかけ

わたくし、ゲーム好きでして、その昔ダービースタリオンっていうゲームにめっっちゃはまったんですね。

ダービースタリオン(ファンからは「ダビスタ」って言われます)は、自分でお馬さんの牧場を運営して、そこから競争馬を育成していくシミュレーションゲームなのですが、これがすごい面白いんですよ

牧場を運営していくためには、レースで賞金を稼いでいかなくてはならない。そのためには、強い馬をつくっていかなければならないってことで、良い繁殖牝馬(競走馬を産む馬)を買ってきたりトレーニング施設を作ったりとか色々していくのですが、その思考錯誤の上、強い馬が誕生して大レースを勝ってくれたときの感動がすごいのです。

このときの感動体験がずーっと残ってまして、なんかリアルにこういう体験できないかなぁと考えてたのです。

でも、上記のとおり馬主なんか一握りの金持ちしかなれないし、牧場運営なんかもってのほか。やっぱ無理だよなぁと好きな競走馬の情報をネット検索してたら‥‥いたんですね、希望の馬が。

その競走馬は「エスポワールシチー」という馬でした。この馬、ダートレース(砂のコース)の名馬でして、大きな怪我もせず8歳まで(人間でいうと45歳ぐらい)長々と一線級で活躍していました。

G1という最高峰のレースを何回も優勝していて、獲得総賞金は10億円を超えていました。

こういう馬の馬主さんは羨ましいなぁと思って、馬主欄を調べたら「友駿ホースクラブ」となっていたんですよ。

ん?? 個人で持ってるんじゃないのか?? 法人で所有してるってこと??

速攻でで「友駿ホースクラブ」でググったら、エスポワールシチーは法人所有であり、この法人の会員に分割で権利を売っているということが判明したんですね。

ということは、もし自分が「友駿ホースクラブ」の会員だったら、エスポワールシチーの権利の一部を所有していたということだよな…と考えたら凄い夢が膨らんでまいりまして、そこから一気に調べまくりました(^^;;

そして「友駿ホースクラブ」以外にも同様の形態で運営している法人がたくさんあり、一口馬主という趣味があることを知ったのでした。

もうそのあとは資料請求しまくってルンルンで色んなお馬さんを吟味して、好きな馬に出資をしていくというスタイルの趣味が確立したわけです。

一口馬主の出資形態はたくさんある

上記の「友駿ホースクラブ」のような法人は、クラブ法人と呼ばれており、全国に20社ほどあります。

また、クラブ法人によって取り扱う馬のタイプや口数などもさまざまなのですが、その詳細についてはまた別記事で書いていこうと思います。

このクラブ法人を介して、一口馬主という趣味を満喫できる環境(良い馬と巡り会えれば副収入化も!)が日本にはありますので、ここで情報発信していくことで興味を持つ人の役に立てればと思っております。

ちなみに私は一口馬主歴7年ほどでして、現在は3つのクラブ法人に所有馬がおります。

これからこの所有馬達の近況報告等々も盛り込んでいきたいと思いますので、よろしくお願いいたします!


夢があって、収入にもなるなんて、すっごいワクワクするね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました