スポンサーリンク
スポンサーリンク

【BT】BTグループを3万円分買増し!

米国株
スポンサーリンク

昨日、BTグループをSBI証券の特定口座にて約3万円分買増ししました。

なお、今回はSBI証券の手数料が改定(最低手数料0ドル)されてからのはじめての購入になりましたが、しっかり新たな手数料で購入することができました。

新しい手数料(1.34$)になっている

これまでは最低手数料が5ドルだったので、1111ドル超の購入をしないと手数料負けしていましたが、今回から最低手数料がなくなるため、購入金額は気にしなくて良くなりました。

BTグループについて

BTグループは、かつて「ブリティッシュテレコミュニケーションズ」と言われ、その名のとおり英国における固定電話事業が基本的な事業になりまして、最近はインターネット事業も行っています。

他の英国企業と同様、世界展開にも積極的で日本を含む170ヶ国以上において事業を展開しています(日本では「BTジャパン」として活動)。

業態としては、米国のAT&T(T)やベライゾン(V)、日本のNTTグループと同業となり、成長性は低いものの高配当を売りとしている銘柄になります。

BTグループの近況

わたしは昨年の8月に15.5ドルで3,000ドルほど購入していましたが、年内は15ドル〜16ドルをレンジに株価が推移していました。

しかし、今年の5月中旬ぐらいに12ドルあたりまで大暴落し、その後は回復することなく軟調な株価が続いています。

当銘柄は、年2回配当(2月と9月)であり、そのうち9月に年間配当の約3分の2が支払われます。

業績は至って普通であり、配当も昨年同時期に比べ同額配当であるため、大暴落した理由がいまいち不明です(ブレグジットが影響している可能性も高い‥‥)

2010年以降の株価を眺めると、10ドル〜36ドルと結構ボラティリティのある銘柄ですが、10ドルぐらいのときはリーマンショック後に付けた値なので、現在の値はほぼ底値なのかなと考えています。

様子見で購入を決定

当該銘柄は将来的に売却を予定していますが、株価がさすがに底値付近ではないかとの推測に加えて下記のような諸々の理由も重なり一旦購入してみることにしました。

  • 今月分の配当(300ドル)が特定口座内にあった。
  • SBI証券が最低手数料を撤廃し、それを試してみたくなった。
  • BTの平均取得単価を下げたかった。
  • 9月配当の対象になる。

特に最低手数料の撤廃で手数料を気にすることせず、スポット的に購入できたのはSBI証券では初めてだったので、良い経験になりました。

まとめ

BTグループの企業としての価値は全然落ちていないので、このまま株価の軟調が続くのであれば高配当の配当金を享受しながら、のんびり保有していきたいと思います。

 

英国銘柄はブレグジットがどうなるか分からないし中々難しいところがあるよね。

 

 

 

↓↓SBI証券の口座開設はこちら↓↓

SBI証券[旧イー・トレード証券]

↓マネックス証券の口座開設はこちら↓

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました