スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ABBV】アッヴィを10万円分追加購入!

米国株
スポンサーリンク

昨日、アッヴイをマネックス証券の特定口座にて約10万円分追加購入しました。

先月末に大暴落中のアッヴイを購入したばかりですが、まだ株価が上昇しきれていない感じがしたので、追加購入しました。

なお、今回はマネックス証券の手数料が改定(最低手数料0.1ドル)されてからのはじめての購入になりましたが、しっかり新たな手数料で購入することができました。

72.3ドルで12株購入。手数料は4.21ドル。

これまでは最低手数料が5ドルだったので、1111ドル超の購入をしないと手数料負けしていましたが、今回の購入から金額はほぼ気にしなくて良くなりましたね。

大暴落後のアッヴイの状況

さて、アッヴイは、先日15%以上もの大暴落となりましたが、その後は少し回復し、現在は71ドル〜72ドル台を推移している状態です。

前回の購入では平均取得単価を大幅に下げることができましたが、今回の購入でも約1.5ドルほど下げることができ平均取得単価は76.36ドルとすることができました。

やっと平均取得単価を適正株価と踏んでいる76ドル台にすることができたので、今後は80ドル前後になったらアッヴイを売却してエイリスキャピタル(ARCC)の購入資金に充てる予定です。

今回の購入でABBVの割合が約1.5%上昇

配当金もギリギリゲット!

アッヴイは8月配当であり、その権利落ち日は7/12となっています。

すなわち、現地時間で7/11までに購入した分まで日本時間では昨日7/11夜に注文した分まで)、8/15に支払われる配当金の対象になります。

そもそもアッヴイは売却予定であるため、あくまで「平均取得価格を押し下げるため」の追加購入ですが、配当金もギリギリ貰える対象となったので地味に大きいですね。

まとめ

今回のアッヴイは「平均取得単価を押し下げるため」の購入ですが、株価が企業の業績に見合わない暴落をしているときに購入をすれば今後株価が上昇するときのエンジンとなります。

加えてこのアッヴイのような連続増配銘柄であれば利回りもグングン上昇していく恩恵も受けることができます。

いずれにせよ、そのときのポートフォリオに応じて柔軟に購入していき、過度に同一銘柄を購入することは避け、分散を図っていくことが寛容でしょう。

なお、ポートフォリオ内のセクター再構成のために売却を予定している銘柄は、アッヴイ以外にWBK,NGG,BTがあります。

売価時には、また報告させていただきます。

 

どうせ購入するなら、配当金の権利落ち日も意識してみるようにしよう!

 

 

 

↓マネックス証券の口座開設はこちら↓

↓↓SBI証券の口座開設はこちら↓↓

SBI証券[旧イー・トレード証券]

コメント

タイトルとURLをコピーしました