スポンサーリンク
スポンサーリンク

【一口馬主】今週の出資馬たちの近況について

一口馬主
スポンサーリンク

6月は出資馬の出走がなく、少し寂しいですが、これからの夏競馬に向けて体調を上向かせるべく日々の調教にいそしむ時期ですので、これから期待ところです。

各クラブから、近況が届きましたので、雑感を交えつつ出資馬についた記していきたいと思います。

ノルマンディー

ノルマンディーでは、ビスカリアとオモイヲノセテの2頭に出資しています。

ノルマンディーは会費も安く「丈夫な馬を多く走らせる」ことをモットーとしているため、これから一口馬主を初めようとする方にはオススメするクラブになります。

ビスカリア

ビスカリアは、次走が8月の地方交流重賞ブリーダーズゴールドカップ(JPN3)でして、ここへ向けてゆっくり調整していってるところです。

2019/6/21(ノルマンディーファーム小野町)馬体重:489

現在は馬場3周と坂路1本を16~18秒ペースのメニューで調整しています。引き続き体調面は良好で、見た目にも調子の良さが窺えるフォルムになっています。騎乗していても体の硬さが目立たなくなり、出だしに多少の硬さがあっても周回を重ねる毎にほぐれてきます。気持ちの面でも余裕が出て、変に慌てるような素振りも見せなくなり、時間とともに上昇傾向にあるのは間違いなさそう。あとはハミを取っていく中で力強さが出てくればいいのですが、更に乗り込んでいけば変わってきそうな手応えです。

引用:ノルマンディー専用サイトより

放牧調整に入ってからちょっと走り方がぎこちなくなっているとのことで、心配していましたが全然大丈夫そうですね!

やはり百戦錬磨のビスカリア。

レースが近づいてくることを認識しているのか、徐々にスイッチを入れてきたという感じでしょうか。

走る馬というのは、このビスカリアのようにオンオフがしっかりしており、休むときはガッツリ休んで一気に体力を回復する馬が多い印象です。

8月のブリーダーズゴールドカップがいまから楽しみです!

オモイヲノセテ

先日、新規に出資を決めた馬でして、今年デビューの2歳馬になります。

6月の超遅生まれにも関わらず、最近馬体が急激に良くなっており、長い期間活躍できると見込み出資をしました。

早期デビューを目指し、連休明けの移動を予定していましたが、寝違えて(笑)右トモの調子が少しわるくなったため、今月初頭の移動にずれ込んでいます。

2019/6/21(ノルマンディーファーム小野町)馬体重:493

現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。前向きな走りをする点には好感が持てますが、ハミに対してモタれ気味で、一本調子な走りになってしまっているとも言えます。まだトモが甘いですし、コーナーで上手く推進がかからず、外々へ張っていくようなところもあるため、この後は脚力強化をメインに進めていくつもり。馬体も太く映るので、もっと絞っていこうと思います。

引用:ノルマンディー会員サイトより

上手く走れているようですが、トモを鍛える時期が少し遅くなったためか、まだ緩さが残っているようです。

また、自分も近況写真を見ててちょっと太いんじゃないかと思っていたのですが、やはりこれから絞っていくらしいですね。

少し太く映るのは馬体がちゃんも成長している証拠でもあるため、特に心配はしていません。

小野町への移動直前の一時期はシュッとしていたときがあって、そのときの馬体が素晴らしかったので、これから絞れていく過程が楽しみです。

 

シルク

シルクは、イストワールファムのみの出資となります。

なお、イストワールファムへの出資を最後にシルクは退会する予定です。

イストワールファム

先日の5/27のむらさき賞に出走する予定だったのですが、体調不良に見舞われ、急遽回避をしています。

体制を立て直すべく一旦放牧の措置が取られていますが、今後の予定は未定となっています。

2019.06.21 所有馬情報

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週1回坂路コースで15-14、残りの日は軽めの調整 
次走予定:未定

天栄担当者「トレッドミルでコンスタントに速めのところをこなしていても、体調面に変わりはなかったので、今週から坂路コースでの運動を開始しています。今のところ問題ありませんが、負荷を強めたことでこれまで目には見えなかった疲れが表に出てきてしまう可能性も考えられますから、今後もよく気を付けながら進めていきます。馬体重は487㎏です」

引用元:シルク会員サイトより

ちょっと強めの調教もやってみて、色々と試してみてくれていますが、前回のようにいきなり体調不良が出る可能性もあるので、ゆっくりゆっくりやっていってる印象ですね。

個人的には夏競馬の牝馬限定レースに出走すれば、楽勝するぐらいの実力があると思いますが、ここは焦らず急がずといったところですね。

是非とも体調を万全にしてもらって、大レースで走る姿を早く観たいですね。

ローレル

ローレルでは、ブルーコーラル、アランチオーネ、ミンナノヒーローの3頭に出資しています。

ローレルは200口募集ですが、ノルマンディー並に安くコスパの良いクラブになるので、今後はノルマンディーとこのローレルで一口馬主の趣味を継続していく予定でいます。

ブルーコーラル

4月末ダートで勝ち上がりをしている3歳牝馬です。

女系が非常に華麗な血統構成になっており、芝でも通用するのではと思っています。

美しい馬体・華麗な血統構成・総価格の安さ、いずれをとってもメリットしかなかったので、昨年末の時点で出資を決めた馬です。

勝ち上がり後は一時休養中でして、8月頃の復帰を目指して調整しているようです。

 

引き続き屋外ダートコース3200mを普通キャンターの調教を行なっています。

松風馬事センター主任「入厩前の去年は大人しい印象があったのですが、最近は大分うるさいところが出てきました。イライラしている訳ではありませんので、元気になってこの仔の本性が表に出てきたのでしょう」

引用元:ローレル会員サイトより

自分もブルーコーラルは「大人しい優等生女子」という印象が強かったので、うるさいところというのは初めて見ます。

ただ、強い馬は基本的に気性が荒い傾向にあり、この気性をレースに転嫁できる馬が一流馬になっているケースが多いです。

ブルーコーラルは持っている素質は一級品なので、うまく自分の気性を制御できるように成長して欲しいです!

アランチオーネ

桜花賞に出走した母と父ベニューヒューズと、それなりの血統背景にありながら、総価格600万と破格だったため、出資に至った馬です。

デビュー以降芝レースで14着、11着と大敗を続けており、芝では見切りを付けられ、次走はダートの短距離を予定されています。

引き続き屋外ダートコース3200mを18秒ペースのキャンター調教を行なっています。

松風馬事センター主任「検疫次第で帰厩になるようなのですが、かなり取り辛い状況になっているようですね。引き続き体調は良いので、検疫を待っている間に少しでも身体を増やしてあげたいです」

引用元:ローレル会員サイトより

体調が整わず一旦放牧に出ておりましたが、来週中に帰厩するようです。

この時期でこの状態では正直厳しいところなので、早く検疫を通って戦線復帰して欲しいですね。

個人的には最初からダート血統だと思っていたので、この間に体重も増加させてダート短距離で変わり身をみせれば、勝ち上がれる可能性もゼロではありません。

もし、この馬を勝ち上がらせることがてぎたら、ある意味ローレルの歴史は変わると感じているので、最後まで諦めず戦い抜いて欲しいです!

ミンナノヒーロー

この馬は特別枠でして、唯一わたしの出資方針に合わない馬となります。

オグリの血をつなげていくため、皆の夢とロマンが注がれている希望の馬になります。

(略)

シュウジデイファームスタッフ「軽めの騎乗運動のみでひと息入れてから、再び強めに調教に向けて立ち上げています。ひと息入れる前は疲労により、立ち止まっている際に左前肢が微妙に震える症状が出ていましたが、今はなくなっています」

引用元:ローレル会員サイトより

デビューは秋以降になると思いますが育成も順調そうなので、このまま無事にデビューまで行って欲しいです。

こういう男のロマンが楽しめるのもこの趣味の醍醐味ですね。

まとめ

夏前の6月は出走機会が減少し、副収入の1つとなっていない状況ですが、出資馬たちが復帰し始めれば収入の柱になること間違いなしです。

これから予定のレースもワクワクドキドキしながら、夢とロマンも追い続けて日々楽しんでいきま。

アランチオーネはなんとか勝ち上がって欲しいところ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました