スポンサーリンク
スポンサーリンク

【利息でコツコツ】低リスク高利回りのFundsを開設したよ!【1円から投資可能】

Funds
スポンサーリンク

2019年1月、Funds(ファンズ)という投資サービスが開始しました。

スマホでお手軽に投資できるサービスであり、株やFXとは異なり、安全性が高い社債(債権)への投資になります。

個人投資家が銀行の代わりに企業へお金を貸すことで、その見返りとして利息が貰えるという仕掛けです。

あくまで債権であるため、当然企業側は投資家へお金を返す必要があります。

大雑把に例えると超高金利のスーパー定期預金のようなイメージです。

大手企業の一部事業への限定融資のためリスクが低い

このサービスは、多くのファンド比較サイトを運営しているクラウドポート社が行っています。
実績・経験があるクラウドポート社が定める厳しい基準をクリアした企業のみが、自社の事業に必要な資金を調達する目的のみでファンドを公開します。

ソーシャルレンディングと似ていますが、投資先の企業や事業が明確化されているため、投資するにあたっての安心感・信頼性が全然違うのです。

個人投資家は公開ファンドにFundsを通じて投資をするだけでオッケー

加えて、複数のファンドにわずか1円から投資が可能で、手数料ゼロ、分配金も出るため、配当再投資により複利効果も期待できます。

安全性が高いのに利回りも高い(ローリスクハイリターン)

社債は株式と違い、運用期間が定められており返金義務があります。

そのため、社債は利回りが低いのが普通ですが、Fundsへ投資した際の利回りはなんと1.5%〜6%もあります。

なぜこのような高利回りが可能なのかというと、企業が銀行で借りるよりも金利が安く済むからです。

また、銀行の貸し渋りが起こるようなこともなく、スムーズに資金を調達することができます。

よって、Fundsは個人投資家・ファンドそれぞれWin-Winの関係が構築されており、非常に画期的なサービスとなっているのですね。

ファンドは申し込みが殺到中。そもそも投資できるかが勝負

これまで、10件近くのファンドが募集されましたが、どれも速攻で完売される大盛況となっており、開始16分で約8,500万円分が完売になった案件もあります。

極力リスクを排除したファンドで利回りも高いとなれば、人気が出るのも納得です。

米国株投資をしているわたしには、分散投資先としてFundsはベストな選択になりそうなので、次回の案件は積極的に狙っていきたいと考えています。

次回ファンドは6/6 18:00募集開始の案件になります。

話題沸騰で申込みが殺到しているため、無料登録だけはお早めにしておきましょう。

いままでになかった斬新なサービスだよね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました